k-matsukawa516’s diary

野良猫のTNR活動

新しく、子猫が来ます。

全部で、9匹の子猫が心優しいご夫妻に保護されています。

1度に9匹は、無理なので先ず4匹から懐かせる為に私の家に迎えます。

ネット、ポスター、譲渡会で里親さん探しをします。

我が家には今、先住猫を含め9匹の猫がいます。きっと、シャーシャー言って大騒ぎになるなぁと覚悟をしながら受け入れ準備をします。

暫くは眠れない数日間が続きます。

どうか、皆懐きますように❣️

そして、心優しい里親さんに出会えますように❣️

そして、幸せな猫生を送れますように❣️f:id:k-matsukawa516:20200211195747j:imagef:id:k-matsukawa516:20200211195754j:imagef:id:k-matsukawa516:20200211195759j:imagef:id:k-matsukawa516:20200211195803j:imagef:id:k-matsukawa516:20200211195811j:imagef:id:k-matsukawa516:20200211195830j:image
f:id:k-matsukawa516:20200211195840j:image
f:id:k-matsukawa516:20200211195836j:image
f:id:k-matsukawa516:20200211195811j:image

人生の選択肢

人間には、選択肢が沢山ある。

何になるか…何をするか…何処に住むか…誰と生きるか…何処で生きるか…誰と結婚するか…何を学ぶか…

動物には選択肢が全く無い!

当たり前ですが、猫と一緒に生きている私には驚きでした⁉️

こんなに可愛いこの子達は、全て人間に委ねられている。

動物には選択肢は無い❗️

 

 

野良猫22匹+子猫9匹

ある地域で、高齢、独居、国民年金生活者と、三拍子揃った方が猫を増やしていました。以前は50匹以上いたそうですが、生まれてくる子猫は次々に死んでいったそうです。成猫は20匹ぐらいいました。子猫は9匹いました。

仲間と協力して捕獲器を22台、Mゲージ一台を集めて1月29日から捕獲に入りました。餌やりさんと私達の間にに入っているK御夫妻が、中心です。捕獲、リターンは全てKご夫妻がしました。餌やりさんは、知らんぷりでした。

30日に12匹

31日に10匹

動物病院に搬入して、2月1日に全て搬出、リターンしました。

1番驚いたのは、22匹のうち12匹のメス猫がいた事でした。この12匹が全て子猫を産んでいたら大変な事になっていたからです。

子猫9匹は、Kご夫妻が1時保護しています。

いずれ譲渡に出す予定です。

近隣から苦情が出ない筈は無く、皆さん我慢していたのでしょう。捕獲中も皆さん不満顔で、この猫達でどんな迷惑をしているかと言われました。畑を荒らされ糞尿をされる、鳴き声がうるさい、マーキングされ臭い、車を傷つけられた。結果、『この猫達を何処かにやってくれ』

これが1番のお願いです。

お決まりのコースです。

迷惑は、良く分かります。

でもね、皆手術が終わりました…これ以上増えません。寿命は野良猫の場合5年位です。マーキングの臭いも薄まります。発情期の騒音もなくなります。

猫の命を考えて下さい。

せっかく助かった命を考えて下さい。

どうぞ天寿を全うさせてあげて下さい。

私達は、たまたま人間に生まれただけなのです。

 

断脚

虐待によると、私は考えています。

同じ現場から2匹、足がブラブラな野良猫を捕獲しました。壊死していて膿みがでているので断脚になりますと、動物病院の先生から電話がありました。

餌やりさんに連絡すると、処分して下さいとの返事でした。

こんな返事が返ってくると覚悟していました。

動物虐待は罪です。警察に通報しますが、証拠が無いので残念ながらどうにもなりません。

栃木の犬猫みなしご救援隊の修正飼養にお願いする事にしました。有料です。

今日、断脚した野良猫を病院に引き取りに行き、日曜日に夫が栃木に送ります。犬猫みなしご救援隊ありがとうございます。私の家にはこの2匹を置く、知恵も経験もスペースもありません。

今いる子猫達の猫風邪を治療をして、里親さんを探して、次に来るであろう野良猫の子猫達を迎えなくてはならないのです。

f:id:k-matsukawa516:20200124064158j:image

f:id:k-matsukawa516:20200124064235j:image

この2匹が、どうぞ犬猫みなしご救援隊で安らかな日常を送れます様に‼️

つくし

アキちゃんと、オカッパちゃんは気が合わない。昨日もオカッパちゃんはアキちゃんに目を引っ掻かれたようで、腫れている。遊んでいても途中から本気の喧嘩になっている。

アキちゃんは、オス、9ヶ月くらい。

オカッパちゃんも、オス、7ヶ月くらい。

2匹とも甘えん坊だが、私が子猫の世話で構ってあげられない。多頭飼育の残念なところだ。

私がくつろいでいると、膝に乗って順番に甘えて来るのでマッサージをしてあげる。

1匹だけ絶対に膝に乗らないのは、先住猫のつくしだ。背中を丸めスリスリはするが抱っこは嫌いだ。2、3歳頃家に来たので、小さい時のつくしを知らない。

野良猫の保護活動をするキッカケになったつくしは、人間で言えば60歳を過ぎている…殆ど寝ている。次々に来る保護猫達に最初は嫌がっていたが、今は「しょうがないなあ…もう」という感じで子猫のベッドで、子猫と一緒に寝ている。面白いつくしだ🤣なぁ❗️

f:id:k-matsukawa516:20200123063059j:image

6日からTNRをしています。

6日は高齢者が餌を与え、野良猫が14匹に増えている現場を、通報してくれた方と、先輩のボランティアさんと私で捕獲して、手術をしてリターンしました。沢山の猫がいる現場は一気に捕獲しないと、後が大変になります。

手術が済んだ猫が捕獲器に何回も入るのです。手術済みの猫は耳カットしますので、よく見て戻せば良いのですが寒い中必死で捕獲するのに負担になるからです。長毛の黒猫は耳カットが見えにくく病院から、耳カットしていましたと連絡が来た事も有りました❗️

後、オス猫が10匹以上いる現場は2回に分けて捕獲しました。たっぷりの餌を貰って居る成猫は捕獲が難しいのです。餌やりさんが複数人いて、捕獲の前に餌を与えないで下さいというお願いが伝わらないのです。近隣の方々は、長い間オス猫のマーキングと、発情期の鳴き声と、玄関先やプランターに糞尿をする、車に傷をつけられる、喧嘩による大騒ぎをずっと我慢していました。餌をやるのは、高齢者が多く近隣の方々から嫌われて居ると、ご本人が言っていました。